NURO光の評判はコチラから

【体験談】NURO光の工事は遅い?内容・かかった時間など全部解説!

月額料金(戸建)4,743円
月額料金(マンション)1,900円~2,500円
最大速度2Gbps
平均速度(2020年10月)上り:402.35Mbps
下り:399.52Mbps
キャッシュバック45,000円
他社から乗り換え負担なし
セット割対象スマホソフトバンク
最短契約期間2年
メリット・月額料金が安い
・高速通信
デメリット・提供エリアが狭い
・工事が2回ある
おすすめする人・月額料金を安くしたい人
・速い回線がいい人
NURO光の概要
  • NURO光は開通まで遅いって聞くけど本当なの?
  • 工事は1回で終わるの?
  • 立ち会いは必要なの?

NURO光は、通信速度が最大2Gbpsの高速通信と、月額4,743円※の安さが売りの回線です。

※戸建の場合

auひかりやドコモ光、ソフトバンク光は最大1Gbpsで月額5,000円台

そんなNURO光ですが、工事をして開通までに時間がかかるという意見が…

確かに、NURO光は2回工事が必要なので、開通まで時間がかかることが多いです。

しかし、やり方次第では早くなりますし、開通までの間ポケットwifiをレンタルすることもできます。

あわせて読みたい
【体験談】NURO光のポケットwifiのレンタル方法と料金解説
【体験談】NURO光のポケットwifiのレンタル方法と料金解説こんなときは、NURO光のポケットwifiをレンタルしましょう!!NURO光では、工事が完了するまでの間ポケットwifiをレンタルすることができます。しかも、初月980円と割安...

本記事では、NURO光の工事内容、実際にかかった時間、早く開通する方法などを解説しています。

本記事でわかること
  • NURO光は屋内と屋外、2回工事が必要
  • ぼくは開通まで2ヶ月かかったけど、早ければ1-2週間で可能
  • 一気に工事を終わらせるには5,000円の追加料金がかかる
目次

NURO光の工事内容

NURO光は戸建てとマンションで工事の方法が若干違います。

どちらも、申し込み時に工事希望日を選択することに変わりはありません。

通常、NURO光は屋外と屋内の2回工事が行われますが、1回で終わらせたい場合は5,000円の追加料金で可能となります。

屋内・屋外工事を同日に終わらせたい場合は申し込み時に「宅内工事・開通工事同時希望」にチェックを入れてください。

工事日が決定すれば、以下の流れで進んで行きます。

戸建ての場合

戸建ての場合、以下の流れで工事は進みます。

出典:NURO光

屋内でも屋外でも共通している点は以下の2つ。

  • 前日に時間確認の電話が来る
  • 立ち会いが必要

屋内(宅内)工事

  1. 光キャビネットの取り付け
  2. 宅内へ光ケーブル引き込み
  3. 光コンセントの取り付け
  4. 光コードの配線とONU設置

光キャビネット:電柱から引き込んだ光回線を宅内の回線へと接続する中継装置

光コンセント:光回線専用のコンセント

ONU:回線終端装置。光信号をデジタル信号に変換して、ネットが見られるようにするもの。

詳細な流れは▶NURO光屋内工事で説明していますが、所要時間は約1時間です。

業者さんが家の中に入ってきて、どこにONUを置くか、どこからケーブルを引き込むかを相談するので、あらかじめ検討しておくとスムーズですよ!

屋外(開通)工事

  1. 電柱から光ケーブルを引き込む
  2. 光キャビネットにつなげ、光ケーブル同士を接続

屋外工事も立ち会いは必要ですが、工事の最初と最後に顔を合わせるだけで、屋内に入ってくることは基本的にありません。

我が家はベランダにキャビネットがあったので業者さんが家に入ってきましたが、外壁であれば外からの作業で終了します。

所要時間は1時間弱でした。

マンションの工事内容

マンションの場合、既にNURO光の回線が入っているかどうかで工事内容が変わってきます。

住んでいるマンションが、「NURO光 for マンション」に契約している場合、工事はスムーズに行きます。

マンション自体がNURO光 for マンションに契約していない場合、個人でマンションミニというプランに申し込まなければいけません。

どちらにしても、まずマンションのオーナーもしくは管理会社に許可を得ましょう。

屋内(宅内)工事

  1. マンションの集線設備(MDF)から光ケーブルを出す
  2. マンションの配管を利用して部屋まで引き込む
  3. ONUを宅内に設置

MDF:マンション内の電話回線や通信回線をまとめて管理しているところ

3階以上のマンションの場合、MDFが必ずあるので新規に穴をあける必要はありません。

2階建ての場合は穴を開けなければいけない可能性があるので、エアコンダクトや電話回線の配管が使用できない場合は大家さんに相談しましょう。

屋外工事

  1. 電柱から光ケーブルを引き込む
  2. MDFにつなげ、光ケーブル同士を接続

屋外工事に関してはほとんど戸建てと同様です。

戸建てでは光キャビネットに接続しますが、マンションではMDFに接続します。

2階建てのマンションでMDFがない場合は、光キャビネットを設置してそこに接続して終了です。

工事費

工事にかかる費用は40,000円ですが、NURO光では申し込み特典として工事は実質無料となっています。

実質無料に関しては▶NURO光のキャンペーンで紹介していますが、40,000円を30ヶ月で割って基本料金に上乗せし、同額を月々の利用料金から割引することで相殺されます。

ただし、以下の場合はお金がかかるので注意してください。

  • 土日祝日工事:3,000円
  • 宅内・屋内工事を同日工事:5,000円
  • 撤去費用:10,000円
  • 30ヶ月以内に解約:工事費残債(例えば24ヶ月で解約した場合、残りの6ヶ月分7,998円)

我が家のNURO光工事を写真付きで解説

ぼくの家では、NURO光の工事も終わって快適にインターネットが使えています。

回線速度がどのくらい速くなったかと言うと、以下の画像の通り。

NURO光の速度

ソフトバンク光だった頃と比べて10倍くらいスピードが上がっています。

そんなNURO光の工事は、開通まで2ヶ月ほどかかりました。

ただし、これは僕が望んでそうしたことなので遅いとは思っていません。

ソフトバンク光の契約更新月を待って解約したかっただけです。

工事の希望日を見る限り、早ければ2週間程度開通しそうでした。

では、屋内工事・屋外工事の流れを解説していきます。

NURO光屋内工事の流れ

屋内工事の流れは以下の通りです。所要時間は1時間程度でした。

  1. 前日に電話で確認
  2. 光キャビネットの取り付け位置確認・設置
  3. 光コンセントの取り付け
  4. ONUの設置
  5. 確認・サインして終了

①前日に電話が来る

工事予定日の前日に予定が来ます。

ぼくは午前中(9:00-12:00)にお願いしていたのですが、まさかの「8:00に伺ってもいいですか?」とのこと。

まあ準備はしていたし、我が家は早起きなので問題なし。

了解したことを伝えて切りました。

②どこにキャビネットをつけるか相談する

まず、外壁に光キャビネットという、光回線を自宅に入れるための機器を装着します。

原則としてONUを起きたい場所の近くに設置するため、あらかじめ場所は考えておきましょう。

ちなみにケーブルは最大10mまで伸ばすことができるようです。

回線の引き込み方法は以下の3つがあります。

  • エアコンダクトを利用
  • 電話線などの既存配管を利用
  • 新規に穴あけ

電話線を使う方法が、配管も隠れて一番スッキリして見えますが、我が家は電話線の位置が1階にありました。

我が家ではONUを2階に置きたくて、電話線はなかったのでエアコンダクトから入れることにしたので新規の穴開けは不要でした。

あとで説明しますが、エアコンダクトから入れた場合コードがブラブラしてしまいます。

光キャビネット

こんな感じでエアコンダクトの隣に付けてもらいました。

光キャビネットの固定はビスで3本固定か両面テープか選べます。

ビスの方が固定力は強いので、我が家はビスにしてもらいました。マンションの方は両面テープを依頼しましょう。

光キャビネットの固定
光キャビネットの完成
光キャビネット
電線から光キャビネット

右側の電線から光キャビネットまで繋いでもらう予定です。

③光コンセントの取り付け

次に、室内に光コンセントを取り付けるのですが、光コンセントには「一体型タイプ」と「分離型タイプ」があります。

光コンセントの例
出典:ソフトバンク光

電話線のついているコンセントに設置する場合は「一体型」になりますが、我が家のようにエアコンダクトから入れる場合は「分離型」となります。

光コンセント
光コンセント

こんな感じでエアコンの真下に設置してもらいました。

④ONUの設置

最後に光コンセントとONUを接続して完了です。

ONUに関しては、▶NURO光のONUで説明していますが、簡単に言うと光回線からくる信号をデジタル信号に変換する機械です。これがないとネットは見られません。

また、NURO光のONUはルーター(wi-fiに接続する機能)も兼ねているため、これ1台でネットに接続可能です。

光コンセント
光コンセントからONU

こんな感じで設置が完了しました。コードがブラブラしてしまうので、自分で壁に固定するなどの工夫が必要そうです。

我が家のONUは【ZXHN F660A】というものでした。▶NURO光のONUでも紹介しましたが、高速通信ができてオススメなONUです。ラッキーでした。

このONUですが、結構デカイです。

NURO光のONU「ZXHN F660A」

ぼくの手は中指の先から手首まで20cm程度ですが、結構大きめですよね。

⑤確認・サインして終了

ONUの設置までが終われば、業者さんから屋外工事の説明を受けます。

接続方法も教えてもらい(説明用紙もくれます)、工事完了書にサインして終了となります。

NURO光屋外工事の流れ

屋外工事の流れは以下の通りです。所要時間は1時間弱でした。

  1. 前日に電話が来る
  2. 電柱から光ケーブルを引き込む
  3. 外壁の光キャビネットに接続

①前日に電話が来る

工事予定日の前日に電話が来ました。

ぼくは出られず、携帯からの着信(080-)だったので無視していましたが、当日の朝かかってきた番号が同じでした。

おそらく工事に伺う時間の報告をしてくれます。当日の朝も、到着30分前くらいに電話がかかってきました。

②電柱から光ケーブルを引き込む

基本的に屋外工事は全て外で作業するので、家の中に入ることはありません。

2名で来て、1名は脚立で電柱から光ケーブルを引き込む作業、もう1名は交通整理と言うか、道路で物品を上の人に渡したりしていました。

光ケーブル

緑が電線、赤が光ケーブルです。電線から自分の家の光キャビネットに光ケーブルを接続します。

③光ケーブルを外壁のキャビネットに接続

電柱から引き込んだ光ケーブルを、自宅の光キャビネットに接続します。

ぼくの場合、ベランダにキャビネットを設置してあったので家の中からベランダに出て作業してもらいました。

外壁に設置してある場合は、家の中に入ることはありません。

接続が完了したら、ONUのLINEのランプがついていることを確認してほしいと言われます。

写真のように、ランプがついていれば完了です。

ONUのランプ
「LINE」にランプがついていればOK

作業終了です。特にサインも不要です。

業者さんが帰ったあと、作業して終了しました。

NURO光の工事を早く完了させたい場合

お金がかかってもいいなら同日工事(5,000円)を希望しましょう。

無料でやりたいなら、1-2週の間隔を空けて平日休みを2日間とっておくことです。

2回にわけても土日だと3,000円の追加料金がかかってしまいます。

最悪、前の回線の解約日を過ぎてからの工事になった場合はポケットwifiをレンタルしましょう。

詳しくは▶NURO光のポケットwifiをご覧ください。

よくある質問

工事日を変更したい場合は?

工事の変更はオンライン工事予約画面から可能です。詳しくは▶So-netのホームページをご覧ください。

工事は1回で終わる

通常は2回(屋内・屋外)ですが、5,000円で同日工事ができます。

申込時に、webの場合は「宅内工事・開通工事同時希望」にチェックを、電話の場合は希望を伝えてください。

土日祝日も工事できる?

3,000円でできます。平日は無料です。

開通まで時間がかかる場合はどうしたらいい?

ポケットwifiを格安でレンタルできます。

詳しくは▶NURO光のポケットwifiをご覧ください。

工事はキャンセルできる?

1回目の工事前は無料でキャンセルできます。

1回目の工事が終わったあとに解約したい場合は10,000円の解除料がかかります。

キャンセルはSo-netのマイページ or チャット or LINEで解約できます。

壁に穴を開ける必要がある?

場合によります。エアコンのダクトを利用する場合か、電話線の配管が利用可能なときは開ける必要がありません。

ダクトも電話の配管も利用できない場合は新規に穴を開けるしかありません。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる