NURO光の評判はコチラから

【オススメは2つ】NURO光のONUは無料で交換可能!

  • 速いって噂のNURO光を申し込んだのにあんまり速くないな・・・
  • 希望のONUじゃなかった場合、交換できるの?
  • ONUってルーターのこと?

こんな疑問がある方はぜひ本記事を読んでみてください。

【世界最速】が売りのNURO光を申し込んだのにネットが遅い場合は、ONUが原因かもしれません。

NURO光では、無料でルーター機能付きONUをレンタルできますが、通信速度によって大きく2種類に分けられます。

もしかしたら、あなたが持っているONUは低速のものかもしれません。

本記事では、ONUの種類、オススメ、交換方法などを解説していきます。

本記事でわかること
  • ONUとは、光信号とデジタル信号の変換装置
  • NURO光はONUにルーター機能が搭載されているものを無料で貸し出している
  • レンタルできるONUは大きく分けて1300Mbpsと450Mbpsの2種類
  • 1300Mbpsが高速通信可能なのでオススメ
  • 希望のONUじゃなければ無料で交換できる(例外あり)

NURO光については▶NURO光の評判!でまとめています。

  • 月額4,743円で安い!
  • 最大2Gbpsの世界最速通信
  • 45,000円の高額キャッシュバック
  • オプション加入必要なし
  • 工事費実質無料
  • ルーター・セキュリティソフトがずっと無料
  • 開通までの間、格安でポケットwifiがレンタルできる
月額料金(戸建)4,743円
月額料金(マンション)1,900円~2,500円
最大速度2Gbps
平均速度(2020年10月)上り:446.66Mbps
下り:436.36Mbps
キャッシュバック45,000円
他社から乗り換え負担なし
セット割対象スマホソフトバンク
最短契約期間2年
メリット・月額料金が安い
・高速通信
デメリット・提供エリアが狭い
・工事が2回ある
おすすめする人・月額料金を安くしたい人
・速い回線がいい人
NURO光の概要
目次

NURO光のONUとは?

ONUとは、「Optical Network Unit(光回線終端装置)」の略です。

ONUの役割は、光回線からの信号とデジタル信号を相互に変換すること。

光回線で送られてきた信号は「光信号」と呼ばれ、そのままではネットを見ることができません。

それを「デジタル信号」に変換することでパソコンやスマホでネットを見ることができるようになります。

その役割を担っているのがONUなのです。

ONUの役割

ONU・モデム・ルーターの違いは?

ONUと一緒によく出てくるのが「モデム」や「ルーター」です。違いを説明しておきますね。

ONUとモデムはどちらも【変換装置】

ONUとモデムはどちらも【変換装置】ですが、ONUとモデムは変換する信号が違います。

  • ONU:光信号(光回線)⇔デジタル信号
  • モデム:アナログ信号(電話線など)⇔デジタル信号

アナログ信号は、一昔前のインターネット回線で使用されていたADSLなどを指します。

またはケーブルテレビを使用している場合などはモデムを使用します。

今の主流は光回線なので、ONUを使うことが一般的ですね。

ルーターは複数の端末を接続するもの

ONUやモデムとパソコンをLANケーブルで直接繋げる場合、ルーターは必要ありません。

他のパソコンやスマホ、家電など複数の機器と同時に接続したい場合、無線で繋げることになるのでルーターが必要になります。

ルーターの役割

ちなみにWi-Fiとは、無線で接続する方式の一つです。無線LANとは厳密には違うのですが、ほぼ同じ意味だと思って大丈夫です。

NURO光はONUだけで接続可能

説明したように、ONUは「変換装置」で、ルーターは「複数の端末を接続する装置」なので、家庭で使う場合は基本的にONUとルーターが必要になります。

しかし、NURO光はONUにルーター機能を搭載しているため、機械が1つで済むんです。

ONUとルーター

しかも無料でレンタルでき、めちゃめちゃ高速で通信できるタイプもあるのでお得ですよね!

  • 月額4,743円で安い!
  • 最大2Gbpsの世界最速通信
  • 45,000円の高額キャッシュバック
  • オプション加入必要なし
  • 工事費実質無料
  • ルーター・セキュリティソフトがずっと無料
  • 開通までの間、格安でポケットwifiがレンタルできる

NURO光のオススメONUは【F660A】か【FG4023B】

NURO光のONUは6種類ある

NURO光でレンタルできるONUは6種類あります。開通工事の際に渡されるのですが、どれが渡されるかはランダムです。

違いを下の表にまとめたのでご覧ください。

ZXHN F660A
HG8045Q
FG4023B
HG8045D
HG8045j
ZXHN F660T
有線LANポート数 3 3 3 1 1 1
TAポート数 1 1 1 1 1 1
無線LAN最大速度 1300Mbps 1300Mbps 1300Mbps 450Mbps 450Mbps 450Mbps
無線LAN規格 IEEE 802.11
a/b/g/n/ac
IEEE 802.11
a/b/g/n/ac
IEEE 802.11
a/b/g/n/ac
IEEE 802.11
a/b/g/n
IEEE 802.11
a/b/g/n
IEEE 802.11
a/b/g/n

ONU6種類は大きく分けて2種類に分けられます。

それは、高速通信が可能かどうか。

いくらNURO光の最大速度が2Gbpsでも、ONUの最大速度が450Mbpsでは高速通信はできません。しかもこれらは理論的な最大値なので、実際こんな速度がでることはないです。

【ZXHN F660A】【HG8045Q】【FG4023B】は最大速度が1300Mbpsと、高速通信が可能なため基本的にこの3つのどれかであれば問題ないでしょう。

そして、この3つはWi-Fiの最新規格である11acにも対応しているので安心。

しかし、【HG8045Q】は不具合が多いとの報告がありますし、脆弱性が報告されているので、【ZXHN F660A】か【FG4023B】にしておけば間違いないでしょう。

逆に他の3つであれば交換してもらいましょう。交換方法は後で説明します。

ちなみに我が家のONUは【ZXHN F660A】です。

我が家のONU

市販のルーターは使わないほうがいい

もともとルーターを持っている場合や、より高速なルーターを使いたいと思う人がいるかもしれません。

しかし、結論から言うと市販のルーターを使うことはオススメしません。

オススメしない理由は以下の通り。

  • ルーターは「変換装置」ではないので、結局ONUも必要になる
  • 市販のでも速度はあまり変わらない
  • ルーター自体が高額(数千円~数万円)
  • NURO光のONUは無料レンタルで高速通信

市販のルーターはONUのように「信号を変換する機能」がないので、結局はNURO光からレンタルされるONUを利用する必要があります。

しかも、家電量販店やネットで販売しているルーターの最大速度は1733Mbpsで、価格も1万円前後とそれなりに高い。

NURO光のONUは1300Mbpsですし、実際自宅で使用する場合1000Mbpsを超える速度がでることはほとんどないため、無料でレンタルできることを考えると市販のルーターを利用するメリットはほとんどありません。

450Mbpsが1300Mbpsになるのは体感速度として大きく違いますが、1300Mbpsが1733Mbpsになってもあまり変わりません。

そもそも最大速度なので、家庭の環境や設置場所で速度は変わります。

どうしても遅い場合は別の原因があるかもしれないので、中継機を買うなどして対応しましょう。

詳しくは▶NURO光が遅い原因は?で説明しています。

NURO光のONUは無料で交換できる

もしレンタルしたONUが、【HG8045Q】【HG8045D】【HG8045j】【ZXHN F660T】だった場合、交換を検討しましょう。

交換方法は2種類あり、電話かチャットで可能です。

メールで可能と紹介されている場合もありますが、ぼくはそのメールフォームにたどり着くことができなかったので、下記の方法のほうが確実だと思います。

ご自分に合った方法を選んでくださいね。

手元にSo-netの入会証など契約情報がわかるように準備して、配達希望の候補日を決めてから電話しましょう。

交換方法

電話の場合

NURO光のテクニカルセンターに問い合わせる

問い合わせ先:0120-65-3810
受付時間:9:00-18:00(1月1日、2日は休み)

上記に電話して、「速度が遅いのでac規格に対応しているONUを使いたい」と交換希望を伝えてください。

チャットの場合
  1. So-netのマイページにログインする
  2. 【サポート】から、検索窓に【ONU 交換】と入力する
  3. チャットが立ち上がるので、【オペレーターに相談する】を選択する

受付時間:9:00-18:00

NURO光のONU交換方法
NURO光のONU交換方法 チャット
NURO光のONU交換方法チャット

どちらの方法でも、新しいONUは業者さんが直接持ってきてくれます。

持ってきてくれたONUは自分で設定する必要がありますが、簡単にできますので安心してください。

2015年9月以前に開通した場合は、ONU交換手数料が10,000円かかります。

新しいONUの設定方法

  1. 配線を接続する
  2. 電源が勝手に入るので、ランプを確認する
  3. SSID・パスワードを確認する
  4. 使用する端末で、無線設定から接続する

まず、配線を接続します。

配線を接続する

次に、ランプが付いていることを確認してください。

LINEのランプが付いているか確認する
NURO光のONU SSID
SSID・パスワードを確認

パスワードはWSK/PSKの右側に書いてある、数字とアルファベットの組み合わせ。

  • 月額4,743円で安い!
  • 最大2Gbpsの世界最速通信
  • 45,000円の高額キャッシュバック
  • オプション加入必要なし
  • 工事費実質無料
  • ルーター・セキュリティソフトがずっと無料
  • 開通までの間、格安でポケットwifiがレンタルできる

通常のONUより更に速くしたければスマートセット

NURO光スマートセット

スマートセットとは、戸建てのプランである【NURO光G2V・G2】のオプションです。

Qrio Lockというオートロック・ハンズフリー解錠機能のついた玄関の鍵と、最大4800Mbpsという超高速通信のONU【NGD-G1000T】がレンタルできます。

先程のオススメONUでも最大速度1300Mbpsだったのに、【NGD-G1000T】は4800Mbps!

めちゃめちゃ速いですが、NURO光G2V・G2の最大速度は2Gbps(≒2000Gbps)なので、これを超えることはありません。

どちらかというとQrio Lockを使ってみたいという方向けのプランかなと思います。

  • 月額4,743円で安い!
  • 最大2Gbpsの世界最速通信
  • 45,000円の高額キャッシュバック
  • オプション加入必要なし
  • 工事費実質無料
  • ルーター・セキュリティソフトがずっと無料
  • 開通までの間、格安でポケットwifiがレンタルできる

その他ネットが遅いときの対処法

ONUを交換することのメリットは高速通信が可能になることです。

いかし、ONUを交換したにもかかわらず低速の場合は、別の原因があるかもしれません。

そんなときは以下のところをチェックしてみてください。

  • 使っている端末は古くないか?
  • メモリがいっぱいになっていないか?
  • ファイアウォールの設定は見たか?
  • 同時接続しまくってないか?
  • アクセスポイントを変えてみたか?
  • IPv4接続になっていないか?
  • 設置場所は適切か?
  • 無線LANの規格は古くないか?
  • 通信障害は起きていないか?

機器に問題がない場合、これらの原因が考えられます。

詳しくは▶NURO光が遅いときの原因で紹介していますので、参考にしてみてください。

NURO光のONUに関する注意点

すでに説明したものもありますが、改めて注意点をまとめておくので確認してみてくださいね。

  • ONUは自分で選ぶことができない
  • 2015年9月以前に契約している場合、ONUの交換に1万円かかる
  • 接続する端末が多すぎるときは市販のルーターを使用するのもあり(メーカー推奨は6台まで)
  • 交換・設定は自分でする必要がある

NURO光のONUは1300Mbpsのものを選ぼう!

  • ONUとは、光信号とデジタル信号の変換装置
  • NURO光はONUにルーター機能が搭載されているものを無料レンタルしている
  • レンタルできるONUは大きく分けて1300Mbpsと450Mbpsがある
  • 1300Mbpsが高速通信可能なのでオススメ
  • もし450Mbpsのものが来たら交換してもらおう

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

  • 月額4,743円で安い!
  • 最大2Gbpsの世界最速通信
  • 45,000円の高額キャッシュバック
  • オプション加入必要なし
  • 工事費実質無料
  • ルーター・セキュリティソフトがずっと無料
  • 開通までの間、格安でポケットwifiがレンタルできる

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる